(アイキャッチ画像:インドネシアの布地・バティック。ちなみに、シンガポール航空のCAの制服はバティックで作られたケバヤという東南アジアの民族衣装。)

前回記事は中国の人について書いたから、今回はイスラムで行こうかなと!

以前シンガポールで働いていた時、よくアジア各国の同じ会社の人たちと一緒に仕事をする機会があったのね。

南アジアのバングラデシュと東南アジアのインドネシアもそうだった。

地図上で見るとけっこう離れているけれど、二つともイスラムを国教としている国。

で、興味をそそられてそれぞれの現地の人に聞いたことがある。

「バングラデシュのイスラムの人と、インドネシアのイスラムの人って違うんですか?お互いにどう思われてます??」って。

そうしたらね、両方から同じ答えが返ってきたんだよ!

「あの人たちはスゴい!信仰心が厚くて、とてもじゃないけれど真似できない。」

「お祈りの時に、あんなことこんなことまでするんだよ。」

「彼らは厳しい戒律を厳密に守っているね。」

みたいなこと言うの!!

お互いをとても尊敬し合ってた。

なんかいいなぁと思ったね。

日本にいると、イスラム圏に触れる機会ってなかなかないけれど。

ここにわたしの経験という一つの真実をお伝えできたらいいなと思った。

いろんな国、いろんな文化、いろんな人たち。

でも根っこはみんな一緒だったりする。

そういうの楽しいね。

ではまた!

 

<お知らせ>

2018年6月・香港での撮影、受付けてます(^ ^)

プロフィール、カップルフォトなど、ぜひどうぞ!!