(アイキャッチ画像: 杭州のレストランにて会計を待つ)

今回はお(御)見積書、ご(御)請求書の

「お」と「ご」について。

結論から言ってしまうと、カリッ!とした明確な回答はない。

オンラインで調べてみると、様々な解説が見つかる。

元々はそのような表現をしていなかったが、時代とともに使われるようになってきたとか。

つけないのが正しいとか。

ある文具企業が出している紙製の見積書・請求書では、表記が異なるとか。

さて、今日はマナー講座で講師をしている方とお話しする機会があり聞いてみた。

答えは、相手に差しあげるものだから、お・ごの両方正しいとの回答だった…が、オンラインで調べると出てきますというお話で締めくくられたのだった。

最初に言うべきだったのだろうか。

わたしが入念なオンライン調査の上で質問をさせていただいたことを。

そして漠とした疑問を抱えながら、解の無い問いをし続けている。

時はそんな風に過ぎていくのかもしれない。