今日は、なんという日だったんだろう。

心理カウンセラー&セラピスト、ワークショップ・ファシリテーター、研修講師、作家、東海ホリスティック医学振興会顧問でもある岡部明美さん(あけみちゃん)のブログ、POWER OF BEINGの記事に、わたしの写真を採用いただいた。

記事リンク:“自分の存在を全面的に肯定する、「はい」”

一言ひとことに温かく包まれるような喜びと、心に拡がる安心。

そして力強い励まし。

ちょうど、今日は午前中にお仕事をさせていただいたのちに自身の写真作品撮影の下見をしていた日でもあった。

これは偶然ではなく必然だったのではないかと感じていたよ。

・・・

実は昨日、全然シェアをしていなかったブログ記事を書いてて。

ふと過去の出来事を思い出して書き始めたら、涙が止まらなくなってしまった。

次の日、つまり今日は早朝から撮影現場に向かうというのに、泣きじゃくって全然眠れずにいた。

わたしはずっと寂しかった。

その気持ちを麻痺して感じられなくなるくらいに抑圧していたんだと思う。

そういう自分はいらないんだと、なきものにしようとしていたのかな。

本当の気持ちを表現して人とつながることを諦めていたんだと思う。

たくさんの愛情に恵まれていたのに、背を向けていたような。

これが自己否定でなくて他に何だというのだろう?

しかし、やっと今頃になって少しばかり素直になれたのかもしれない。

昨夜の涙とともに。

そうして迎えた今日だった。

泣き腫らした顔で行きたくないな、なんて思いながらシャワーを浴びて出かけたけれど。

今日の撮影現場もロケハンも、おかげさまで本当に和やかだった。

こうして書いている今も、また涙腺が緩んでしまった。

気がすむまで涙を流そう。

・・・

あけみちゃんがまさに今日の記事をアップしてくださったおかげで、またひとつ心が癒されて力が湧いてきました。

わたしはこれがまさに必然の流れだったのだと信じることにします。

ありがとうございます。